価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年05月23日

骨董買取は甘くない!

高齢の両親が介護付きの老人施設に入居することになり、実家を整理しました。

その際に、たくさんのごみというか思い出の品というか、お宝といえるのか、とにかく膨大な数量の品物の処分に私たちは茫然としたわけです。

全部ごみ、不用品と割り切れることができれば事は簡単ですが、なかなかそうはいきません。

それに、正直家を整理するのにもお金がかかる。少しでも換金できるものがあればと目ぼしいものは実際に店舗を構える古道具屋に持ち込みました。

せめてガソリン代か食事代くらいになればいいなと話し合いながら・・・

ところが、甘い甘い・・・   値段なんてつきません。購入するときは、それなりに高額だったものもありましたが、傷があるとか、デザインが古いとか、まあいろいろ言われまして、処分してあげますよ・・みたいなことを言われましたが、他も当たってみようよということでその場は退去しました。

実は、目利きというのではないのですが、アンティークが好きであちこちの骨董市をまわっているのです。駄目だというような代物でも結構、市の店頭に並んでいる場合も少なくありません。どこかに拾ってくれるところはないものかとインターネットで調べました。

出ました、出ました。骨董買取、古本買取…全国どこでも無料査定します。たくさんあるんですねえ。

その中で適当なところを見繕い電話すると、感じよく対応してくださる。着払いで品物を送れというので梱包して早速発送しました。

折り返し電話をくださいましたが、毛皮のコートはデザインが古い。以前問い合わせたところは何とかは動物愛護協会の規制が厳しく取引できないといわれました。今度はそうは言われんせんでしたが、古い。

古いから処分したいのですと言いたかったのですが、飲み込みました。あちら様も商売ですもの、甘くはありませんよね。

父の書道の道具あれこれも何やかや言われ、あちらで補修してくださり、ほしい方を探してお譲りしてあげますよ。と言われましたがよく考えると、ちょっと納得いかない。こちらはただで品物を提供し、おそらくあちら様は補修にかかった経費以上の価格をつけて販売するはず。

この話も丁重にお断り申し上げ、思い出の品なので手元に置いておきますということにしました。

今は、オークションに出してみようと準備中です。調べてみると同じようなものが高額ではないものの出品されています。

タダよりはましですから、うまく売れればですが。手放すのはネットオークションを試してからでも遅くないと思っています。

結局うまく売れたのは本だけでした。本はある程度価格が見込めますから、双方納得して交渉はまとまりました。

骨董に関しては、こちらも素人ですし市場のこともわかりません。あれこれ言われるとああそうかとなりがちですが、できるだけ自分で下調べをしておくことも必要だと強く感じました。ちなみに、無料査定といいますが、商談がまとまらないときは送料に関しては自分で清算することになります。プロは決して損はしませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です