価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年08月17日

ガラクタでも結構いい値で売れるようです

私の両親は何年も前から終活をしています。その中で、家にある祖父が集めた骨董品を売る、という事が含まれていました。父は間に入った今で言うところの鑑定士の人の印がある物は間違いがないと言っていました。しかし、その印がある物が又多いのです。

10点以上はあったでしょう。そんなに貴重な物が実家にゴロゴロある訳もなく、鑑定士だって間違える事があるでしょう。
それらを骨董品屋さんに来てもらい、買い取ってもらっていました。

中国の物が多かったので、中国人がよく買いに来る骨董品屋さんをネットで調べて来てもらったそうです。そして、大体見てもらうと、やはり何千万もするような物はなく、2万円~何十万円位が主だったようです。
1点だけ本物なら1,000万円位する掛け軸があったのですが、それは骨董品屋さんでも官邸出来なかったので、まだ実家にあります。

そのうち骨董品屋さんから「まだありませんか?」という電話が来るようになりました。「〇〇さん(実家の苗字)ファンのお客様がいるので・・・」という事だそうです。日本の物にしろ、中国の物にしろ、ちょっと珍しい物が面白いようです。

又、これは私の考えですが、何百万、何千万もする骨董品は一般の骨董好きの人には買えません。実家にある位の値段の物なら手が出るという事でしょう。
骨董品と言っても色々ですね。

実家はガラクタ(と私は思っていました)の数が多かったので、買取はあちらに来てもらい、特に「もう少し高くならない?」などという交渉もしなかったようです。逆に「これが15万?」といった感じだったようです。

ただ1つ、私がもらうつもりの布袋さんの像があります。その布袋さんは10cm位の黒紫檀の上に座っています。この黒紫檀の細かい彫刻が素晴らしいという事で、骨董屋さんは最初30万円で売ってくれと言われたそうです。

でも、母が「これは娘に上げるものだから」と断ると、「50万円でどうですか?」と言われたそうです。
皆さん、骨董品屋さんが欲しがるものなら、ねばったら良い値が付くようです。

我が家にその布袋さんが台ごと来たとすると、私が死んだら娘が売ろうというつもりか、「50万円(で売れるの)ね!?」と目を輝かせたのにはガッカリしました。ボンビーの家で育った我が子は50万円が結構な高額に思えるのでしょう。勿論私にとっても50万円は大した額ですが。

ちりも積もれば、ではありませんが、ガラクタでも量があればそこそこの額になるようです。全部で何点売ったか両親もわからないでしょうが、結局400万円位になり、確定申告をする羽目にもなったようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です