価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年11月21日

偶然発見した骨董品買取のお店について思った事

少し前に、初めて通る街道沿いを歩いていたら、左手に骨董品を取り扱うお店がありました。その道路は車が結構通っているものの、人通りはどちらかといえばまばらです。そんな閑散とした通り沿いに突如骨董品を取り扱うお店があったので、とてもびっくりしてつい立ち止まってしまいました。

店内はあふれるほど骨董品が山積みになっていて、足の踏み場もないくらいでした。骨董品がどんなものかザッと見渡したのですが、私には珍品に見えてしまいました。もちろんその中には価値のある骨董品があったのかもしれませんが、素人の私にはパッと見で価値のわかりそうな代物は見当たりませんでした。

また、店の前には骨董品買取受付という看板があり、骨董品なら何でも買取することをアピールしていました。

店内が骨董品ばかりだったのは、古ければ何でも買取をしているからかもしれません。それは骨董品買取を依頼する側からすればありがたいことで、中には一気にまとめて依頼する人もいるはずです。特に引っ越しや年末年始の大掃除、片付けをするときには、自分でも存在を認識していなかった骨董品が出てきたりします。

広い一軒家に住んでいる場合は特にそんなことがあり、片付けていて初めてその存在に気付くこともあります。そのときに「不要」という判断を下したら、後は廃棄処分するのが普通です。そのときに骨董品買取をしてもらえば、どこかで誰かの役に立つ可能性が出てきます。

骨董品はどれもレトロ感がありますが、そこに風情や味わいがあります。ただ、あまり実用性はありませんので、本当に不要となってしまう場合も少なくありません。特に住んでいる場所を引き払って別の場所へ引っ越すときは、とにかく引っ越しの荷物を減らしたいものです。

そんなとき減らしたい物の対象として骨董品は真っ先に選ばれやすいですから、そんなときは骨董品買取をするお店の出番です。そうした引っ越し等で骨董品を処分する機会は、誰にでもおとずれる可能性があります。私も何回か引っ越しをしていますが、また次に引っ越しをするときはその骨董品を取り扱うお店に何か買取をお願いするかもしれないです。

その骨董品を取り扱うお店を私が見つけたのは、まったくの偶然です。また、私が今住んでいる街には、そんな骨董品を取り扱うお店がありません。ですので、今回そこを散歩してお店を見つけておいたのは良かったですし、これから先骨董品買取でお世話になるかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です