価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年08月17日

果たして骨董品買取の鑑定前に掃除はすべきか

物の売却をする際には、総じて普段からのお手入れがポイントになります。特にブランド物などは、その傾向が顕著なのです。

人によっては高級ブランドの品物を、保有している事もあるでしょう。しかし新しい製品が登場したので、ブランド買取のお店に売却をする事もよくあります。

それでブランド買取の業者としても、やはり品物の状態を重視する傾向はあるのです。特にブランド物に汚れがあるか否かは、それなりに確認される傾向があります。ですからブランド買取の価格を高くしたい時には、査定前に掃除を行っておく方が良いのです。
ちなみに骨董品買取も、同じような傾向があります。やはり物品の買取である以上、品物の状態を確認される事だけは、ほぼ間違いありません。良い状態の品物なら、買取店による価格もそれなりに期待できるでしょう。

それでブランド買取などを経験した方々などは、上記のような掃除を検討する事もあります。つまり骨董品に対する掃除を行ってから、買取店で鑑定を受けるという発想も浮上する訳です。綺麗な状態の方が、買取額も期待できるでしょう。

確かに状態が良好な方が、買取額が高まることだけは間違いありません。しかし骨董品という物品の場合は、必ずしも掃除を行うのが妥当であるとは断言できないのです。なぜなら骨董品によっては、かなりデリケートな物品も存在するからです。

例えば、茶道具などは少し注意を要するでしょう。確かに新品の茶道具の場合は、掃除を行っても問題ない事も多いです。ところが茶道具によっては、作られてからかなり年数が経過している事もあります。そういう品

物の場合は、うかつに掃除を行わない方が良い事もあるのです。
というのも年数が経過した品物の場合、傷の付きやすさに大きな特徴があります。やはり新品と比べると、デリケートな状態になっている事だけは、ほぼ間違いありません。
それでデリケートな物に対して掃除を行ってしまいますと、茶道具に傷が付いてしまう可能性があります。それで買取価格が下がってしまう事も、意外と多いのです。

何も茶道具だけではありません。美術作品なども骨董品の1つとして見なされる事も多いですが、うかつに清掃してしまいますと、やはり買取価格が下がってしまう事はあります。
ですから骨董品の場合は、「必ずしも清掃を行うのが望ましいとは限らない」という特徴があるのです。品物によっては清掃は行わずに、そのままの状態で骨董品買取の鑑定を受ける方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です