価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年08月16日

歴史が浅い店舗なら骨董品を高値で売却できる

オープンしてから数ヶ月もしくは数年程度しか経過していない店舗であれば、骨董品を高値で売却できる可能性が飛躍的に高まります。いろいろな面で売却者にとって有利だからです。
思いもよらない高値で買い取ってもらえる確率は、老舗店舗よりも高いと考えられます。歴史が浅い店舗には、熟練の査定員が勤務していない確率が高いと言えます。骨董品を扱う店舗経営を軌道に乗せるためには、最低でも10年以上の年月が必要とされています。そのため、従業員に高い賃金を支払うことができずに平凡な能力しか備えていない人物を雇い入れる必要があるというわけです。査定が行われる場面によって評価基準にムラがある傾向が強いと考えられるので、それほど価値が高くない骨董品でも高価買い取りしてもらえる可能性があります。しかしながら、全く逆の結果が訪れることも考えておく必要があります。実力が高くない査定員ですから、その日の気分などによってはこの上なく低い査定結果が算出されることが無きにしもあらずだからです。
とにかく大量の在庫を抱えなければならないので、難がある骨董品でも相場価格もしくはそれ以上の高値で買い取りを行ってくれます。老舗店舗の場合は、古くから付き合いがある顧客が多く来店するのでコンスタントに在庫確保が行えるようになります。その一方で、歴史が浅い店舗は顧客との深い関係性が形成し切れておらず、なかなか在庫数が増加しない傾向にあります。少しでも多くの在庫数を確保するためには、同業他社よりも査定額を高くしようと努めるしかありません。
珍しい骨董品を持っているのなら、可能な限りオープンしてから日が浅い店舗に赴くのが効果的です。在庫数の確保とともに、客寄せに貢献してくれる一品を求めている店舗が多いからです。採算度外視で買い取りを行ってくれる可能性が高いので、少しでも高く骨董品を売却したいと考えているのであれば査定の依頼をしてみると良い結果が訪れることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です