価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年11月21日

骨董品の買取方法とは

身辺整理や実家の改装など整理をしていると、親御さんのコレクションなどの骨董品がでてきたといった経験をされた方も少なからずいらっしゃるのではないかと思います。そのような場合にはただ処分するのはもったいないですし、買い取ってもらおうと考える方も多いでしょう。
そもそも骨董品というのはどんなものを指すのかというと、端的にまとめてしまうと古くて歴史的、または美術的に価値がある物ということになります。他国の関税法に倣って100年以上経過したものが骨董品と言われることもありますが、それはあくまでも基準のひとつで、どの時代のものからが骨董品となるといった具体的な指標は厳密には存在していないのが面白いところですね。
また、骨董という言葉には先に述べた古くて価値のあるものという意味だけでなく、古いガラクタという意味も合わせて記載されているという面白さもあります。実家から出てきた古いものは骨董品と銘打って良いのかもしれません。骨董品と言われているのは絵画や掛け軸、陶器や彫刻品など多岐に渡ります。
そんな骨董品を買い取ってもらうには専門店に鑑定をお願いするのが一般的です。たまに街を歩いていると古美術店などを目にすることがあるかもしれませんが、そのようなお店にお願いするのですね。しかしなかなかその手のお店が近郊に見当たらないという方のほうが多いと思いますので、昨今では郵送による買い取りを実施している骨董品業者も増加傾向にあります。郵送ならば自分から出向く必要が無いので手軽に利用できますね。
しかし郵送の場合、こちらが荷物を送ることで鑑定をお願いする都合上運搬業務が発生するので、もしも本当に効果なものだった場合運搬中に何かあっては困ると心配してしまう方もいらっしゃるかと思います。そのような場合には出張買取を行っている業者を選ぶと安心かと思います。
骨董買取業者の選び方ですが、鑑定方法も重要ですが一番大切なのは鑑定士の実力です。骨董品というのは通常のリサイクル品の買取とは異なり、一般的な相場などがない場合が多くなっています。そのためしっかりと目の利く鑑定士にお願いしなければ本当の価値を見出すこと無く手放すことになりかねないのです。また、骨董品業界に長く存在している業者などは実力が確かだという証明にもなるかと思います。
インターネットで多くの評価や口コミを目にすることが可能ですので、買取をお願いする際には目を通してみるのも良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です