価値が分からない骨董品!だからこそ専門業者に高価買取りしてもらおう!

最終更新日:2018年11月21日

骨董品買取で知っておきたいこと

古くて希少価値の高いもの程、良い骨董品とされます。貴金属や美術品といったものから日用品まで、骨董品とされるものは多岐にわたります。その価値は、定価では決めることができず、相場で決められます。

その品物を誰が作ったかということも、相場に関わります。流行なども影響するため、相場は変動していることが一般的となります。芸術品は、その作者やでき栄えの素晴らしさを真似た、いわゆる贋作も存在するため、見極めるためには高度な知識が求められます。骨董品の買取業者の選び方で、骨董品の価値が左右されるとも言えます。知識に加え、長年積み重ねた経験のある鑑定士が望ましいです。

幅広く骨董品を見極め続け、その時の相場も常に把握している鑑定士は信頼できます。こういった鑑定士は、移動費や手数料など、請求しないことが多いです。鑑定の技能に自信があるため、依頼主から余分な費用を請求しないと言えます。このような鑑定士が長年勤め、即日で現金が支払われる店舗であれば、より信用ができます。

鑑定士が美術鑑定士という資格を取得していれば、鑑定力が確かである証となります。限りなく本物に似たものであっても、確実に見抜くことができる能力を備えています。美術鑑定士の資格を得るためには、経験を重ねていることも条件とされます。そのため、美術鑑定士の有資格者であれば心強いです。

有名な店舗であれば、テレビで紹介されたり、口コミといった評判が拡がっています。そして、ホームページを開設し、店舗のアピールを実践しています。骨董品の買取店舗を比較し、ランキング形式で公開しているWEBサイトもあります。買取を検討中であれば、ランキングのサイトと、気になった店舗のホームページを訪問しておくことも、良い結果につながる可能性が拓けます。

実際に鑑定してもらう前に、骨董品は良い状態であることが望ましいです。保管が難しい品は、日頃からの手入れが必要となります。箱や保証書など、その品に関する付属品となるものも、一緒にしておくと良いです。

良い鑑定士と骨董品の状態、タイミングが重要となります。調べることが可能な情報であれば、事前に入手しておくことも大切です。時代背景を知っておくことも良いです。その品にどのような歴史があるか知っておくことで興味が深まります。また、骨董市などに訪れてみることも、見る目を養う機会となります。興味を持つことは大切で、買取に備えて楽しみながら様々な知識を得ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です